株式会社ツーリストアイチ|JTB総合提携店|愛知県 春日井

新着情報

ニュージーランドへの旅~vol.2(NZロトルア編)

さぁ、前回のブログを読んで頂いた方々、大変お待たせ致しました。

vol.1大阪真田丸散策編に続き、いよいよニュージーランド編となります。

まず、空港に着いたら両替をしました。

IMG_8534.jpg 上から、エベレスト初登頂を果たしたNZ登山家エドマンド・ヒラリー、世界初の女性参政権をNZで実現に尽力したケイト・シェパード、マオリ族で初めてNZの大学を卒業して、政治家になったアピオリ・ヌガタ。他に20ドル紙幣がエリザベス2世、50ドル紙幣がロード・アーネスト・ラザフォード(NZ出身の物理学者)となっています。

 自分の店(ツーリストアイチバロー多治見旅行センター)でも両替したのですが、現地に行く前にもう少し両替した方がよいと思い、関西国際空港でも両替をしていきました。空港バスの中に、マイレージをつける事ができる銀行の案内があり、そこで両替しました。NZドルのレートは、現地とほとんど変わらないか少し日本の方が良かったです。

IMG_8675.jpg IMG_8680.jpg

B787-9新機材ドリームライナー。快適でした。この日は関西国際空港再就航日でした。

 ニュージーランド航空は航空会社の安全度などを評価するランキングで堂々のベストエアラインに選ばれています。確かに快適で、機内食も美味しく、モニターや機内安全ビデオも充実していました。何より私が驚いたのは、USBの端子と座席下にはコンセントプラグがあった事です。

IMG_8698.jpg IMG_8702.jpg

機内のモニター。車の運転に関するものも。機内食。これは到着前の朝食。魚にしました。

♪機内食は~、肉か魚か~♪byクレイジーケンバンド 夜はビーフを選んだので朝はfishにしました。NZワインが飲めるのもNZ航空の良さです。

IMG_8703.jpg CIMG7016.jpg
  途中、窓の外は真っ青でした。さぁ、ニュージーランドの大地が見えてきました

 関西空港を出発して約11時間、やっとニュージーランドの大地がみえてきました。お隣の方々が大阪発のLOOKJTB添乗員付ニュージーランド周遊8日間コースにご参加で、帰りの飛行機も一緒ですね~とお話盛り上がりました。行程表にパンフレットの写真を貼ったりして、お客さんはこんな風に旅のしおりにアレンジしているんだな~と感心もさせて頂きました。

 NZは日本より3時間+1時間(サマータイム)時差が早く、ニュージーランド最大の都市、オークランドに11時35分の到着でした。ドリームライナーは快適で、耳の痛みもなく、ぐっすり眠る事ができました。ただ、満席でしたのでNZ航空にはスカイカウチ席(3人席を2人で使う)やプレミアムエコノミー座席もあるので長時間フライトが苦痛な方にはオススメかもしれません。

 IMG_8735.jpg オークランドの空。日本と違い、青々としていました。ただ、日本の5倍の紫外線があると言われています。

IMG_8742.jpg CIMG7044.jpg
ここから国内線に乗り継ぐのですが、ターミナルが別にあるので、無料バスで移動です。あやうく移動せずにいました。ロトルアまではこのプロペラ機での移動となります。

 今回は、このNZ最大の都市、オークランドの観光は時間の関係でできませんでした。オークランドのは、別名「帆の街」とも呼ばれ、ヨットやボートなど小型船舶を所有する市民の人口比率は世界一といわれています。私もなんとか街までいってみたいと思ったものの、16時のフライトまでに戻って来られる自信もなく、断念しました。

IMG_8774.jpg CIMG7053.jpg
   約1時間でロトルア空港に到着。レンタカーを借りました。なんと日本車でした。

 ロトルアはNZ有数の温泉地で、到着したとたんに硫黄の香りが漂い、私は北海道の登別温泉が蘇りました。温泉好きの私には、たまらない場所の予感がしました。このレンタカーを借りるのに、難儀しました。日本でレンタカーの手配はしていったのですが、現地ではグレードUPの案内をされるので、必要ない場合は断って下さいという事だったのですが・・・。英語力のなさを痛感しました。現地のレンタカーのお姉さんの目がだんだん白目になっていき、恐ろしく思えました。

IMG_8782.jpg IMG_8784.jpg
宿泊先はモーテルでした。        部屋もツインでした。広々でした。

 この日の宿泊はレイクロトルアというモーテルタイプのホテルでした。部屋は広かったのですが、バスタブが付いていないのが残念でした。このホテルを含めて、NZの6泊すべてバスタブはなかったです。ここは2泊で日本円で約16000円。かなりお値打ちに泊まれました。

CIMG7056.jpg IMG_8809.jpg
クラフト・バー&キッチンにてストーングリル料理。ラム(羊)肉とジンジャービール(ノンアル)で。

 ヘルズゲートという泥湯温泉に向かったものの、20時30分を過ぎてしまった為、翌日にリベンジする事に。実はカーナビでそこに向かったら何もない砂利道のところへ。ちょっとワナにひっかかりました。夕食は外で頂きました。確か、お肉は約23ドルです。ジンジャービールはジンジャーエールの生姜の味をもっと濃くしたような味で、クセになりそうでした。お肉も柔らかくて美味しかったです。お店のお姉さんが切ってくれました。

 翌日(11/6日曜)は、ロトルア近くの間欠泉を見てから、ワイトモの土ボタルを見に行く行程にしました。日曜の朝なので、ロトルアの朝市に行きたかったのですが、残念ながら雨であきらめました。

IMG_8813.jpg             温泉!?が湧き出てるじゃあ~りませんか~(^^)!!

IMG_8814.jpg IMG_8816.jpg

ワイオタプのサーマルワンダーランドに行くつもりが・・・。このDANGERの看板にはビビリました。

 日本を発ってから、お風呂どころかシャワーも浴びていなかったので、思わずこれは入らなければと思ったのに、この看板。ちょっと焦りましたが、ここは日本の皆さんと連絡を取り合い、訳してもらって何とか入れる事ができ一安心。O次長、ありがとうございました!!

IMG_8822.jpg IMG_8825.jpg
みんな、楽しそうに沐浴しています。   私もこんな感じで・・・。失礼しました。

 NZにも混浴のこういったところがあるのには驚くと同時に、うれしくも思いました。というのも、私が学生時代に住んだ北海道もこのようなところがあったからです。もちろん、水着着用が必須ではありますが、男も女もこうやって温泉に入る文化というのが、日本から遠く離れたNZにもある事に大変親しみを覚えました。

~NZの標識

ニュージーランドならではの標識があるので、ここで見てみましょう。

IMG_8821.jpg IMG_8837.jpg

橋の片側通行。NZは橋が狭いところが多い。写真の通り、馬が通るので注意。

IMG_8857.jpg IMG_8875.jpg

スクールバスが停まり、園児が降りるので注意。踏切。列車がほとんど走ってないせいかみんな停まらない。

 結構、個性的な標識で楽しめます。また、NZは日本と同じ左側通行です。カーナビも日本語対応のものがあり、今回の私のような旅(FIT、個人旅行)をされるのであれば、レンタカーの旅がオススメです。借りる際には、国際免許証と日本の免許証、そして国際クレジットカード(VISA、MASTER)があれば借りられます。

 NZの旅は大阪編を含め3回にまとめようかと思いましたが、お伝えすることが多すぎて、5回にさせて頂こうかと思います。次回をお楽しみに~♪(次回はかわいい動物が出てきますよ)

                                  旅人:多治見店 佐藤


トップページへ戻る

JTB JTB JTB 海外旅行の前にお土産予約、あとは手ぶらでらくらく帰国 小牧法人会

ページトップ